介護に欠かせない福祉車両は、個人では簡単には購入することができません。

HOME>特集>高齢者の助けになるさまざまな物は、高額である場合が普通です。

高齢者に優しい配慮

介護車

福祉車両は、介護施設や病院などに配置されていますし、高齢者のサポートが可能ですから、実際にさまざまなシーンで活躍してくれます。一般車両であれば百万円から二百万円ほどで購入できる場合がほとんどですが、福祉車両となると一千万円や二千万円は必要になります。特別な器具が取り付けられていたり、いろいろな設備が充実しており、造る工程も特殊ですから福祉車両は高額になってしまいます。しかし、寝たきりの人でも安全に運搬することが可能ですし、車椅子でも乗ることができますから、一般車両では難しいシーンでも難なく活躍してくれます。

乗車できる意味

車いす

福祉車両がなければ、病院に行ったり介護施設を利用することができませんから、高齢者にとってはなくてはならない車両のひとつです。高額な福祉車両でも、企業の努力や一般の人からの寄付で購入して、町や市などが管理して利用することができますから、利便性を諦める必要はありません。自家用車を運転していた人でも、高齢者になり免許証を返還すると、タクシーや福祉車両などに頼る生活になりますから、誰もが利用できる環境を整備することはとても大切です。いろいろな人が助け合い暮らすことができれば、街が明るくなりますし生きることが楽しくなります。